MOB museum of alternative-art 

20143月1日[土]より、春の企画展
南南東の風が吹く を開催

「もうひとつの美術館」は、栃木県那珂川町の里山に建つ明治大正の面影を残した旧小口小学校の校舎を再利用して2001年に開設された美術館です。

[みんながアーティスト、すべてはアート]をコンセプトに、年齢・国籍・障害の有無・専門家であるなしを越えて、まち・地域・場所やジャンルをつなぎつくっていくアートのあり方を提案しています。

アールブリュット、アウトサイダーアートを主なテーマに掲げる日本で最初の美術館です。

春・夏・秋の年3回の企画展を中心に、様々なイベント・ワークショップを開催しています。

懐かしい木造校舎の雰囲気の残るカフェ&ギャラリー[m+cafe]、ミュージアムショップでゆっくりおくつろぎください。
 

 

NEWS!
 
●2014. 5.3[祝・土] 13:30 - 15:30
瀬辺佳子の紙皿と毛糸で作る絵皿ワークショップ

●2014. 3.22[土] 13:30 - 15:30
妻木律子 ダンスワークショップ

●2014. 3. 1[土] - 3. 9[日]

関連企画「あすなろ 手織り」展




お問合わせ  tel&fax 0287-92-8088  E-mail:mob@nactv.ne.jp
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

2014. 3. 1[土]
    〜 5. 25[日]


南南東の風が吹く
関東平野の南東側に位置し、房総半島、九十九里の海岸、菜の花の咲き誇る千葉から、23名の作家による色鮮やかな絵画、彫刻、布、陶など多彩な作品を紹介します。

2013. 9. 14[土]
    〜 12. 8[日]
すずかけ × すずかけ
1991年、日本のアールブリュットとして先駆的に始められたすずかけ絵画クラブの活動。姉妹アトリエ、あとりえすずかけを含め20名の作家を紹介します。

2013. 6. 8[土]
    〜 9. 1[日]

乗りもので行く
17人の作家たちが表現する様々な"乗りもの”、いったいどこに行こうとしているのでしょう?それは私たちを未知の世界に誘います。

2013. 2. 23[土]
    〜 5. 26[日]

となりの花畑 いばらきから
今回初めて、おとなりの県・茨城から作家13名にスポットをあて、春の穏やかな光のなかで、凛とした作品たちをご紹介します。

2012.9. 15[土]
    ~ 12. 9[日]

studio COOCA PARTY(スタジオ クーカ パーティー)
神奈川県平塚市でユニークな活動するstudio COOCA。所属する15名の個性的な作家たちによる多彩で愉しい作品を紹介します。

2012. 6. 9[土]
    ~ 9. 2[日]

東北をつなぐ みちのくの惠み
東北の大地に根を張って創作を続ける20人の作家を取り上げて、文化の基点・ネットワークとしての東北を紹介します。

2012. 2. 25[土]
    ~ 5. 27[日]

森においでよ。II  なかがわまちアートフォレスタ2011から
昨夏、栃木・那珂川町の各所で展示して好評を博した全国公募入選作品展「なかがわまちアートフォレスタ2011」でとくに多彩な作品を輝かせた4グループと2人の出展協力作家を紹介します。

2011. 9. 17[土]
    ~12. 11[日]

もうひとつの美術館 10th Anniversary いままでと現在[いま]
活動の軌跡ともいえる収蔵作品とともに、過去に展示した5人の作家たちの最近の作品を取り上げ、その変遷を紹介する10周年記念展です。

2011. 6. 4[土]
    ~ 9. 4[日]

線と点がつなぐもの もじ・コトノハ
線と点で形づくられた文字、そこから紡ぎ出される言の葉。
意味の伝達を超越して人と人をつなげていく11人の表現世界を紹介します。

2011. 2. 26[土]
    ~ 5. 22[日]

ひとのかたち、それぞれ
7人の作家が表現した、”ひと”のすがた、あこがれ、愛、憂い。
ときに作り手の心の有り様が表現されているのかも知れません。

2010. 9. 11[土]
    ~12. 5[日]

とちぎから☆ほし☆ マロニエの森の住人たち
開館から10年目を迎え、地元栃木でも以前から活動していた作家に、新たな意欲的に活動する作家が加わってきました。「オール栃木」でご紹介します。

2010. 6. 5[土]
    ~8. 29[日]


アート&クラフト&グッズ展
本、靴下、パンツ、バッグ、パッケージなどに製品化されたハンディキャップをもった人たちの制作品。製品と原画をあわせての展示でその魅力をご紹介します。

2010. 3. 6[土]
    ~5. 23[日]


花と月と時と... Spring of Tokyo
ユニークで確固とした自分を豊かに表現している東京在住の5人の作家の作品をご紹介します。

2009. 9. 12[土]
    ~12. 6[日]
愛しのナナ---ニキ・ド・サンファル
女性像「ナナ」などの作品で知られるフランス出身の女性美術家ニキ・ド・サンファル Niki de Saint Phalle(1930-2002) の版画作品を中心にご紹介します。

2009. 6. 6[土]
    ~8. 30[日]


糸と糸の間[ハザマ] nui project[ヌイ・プロジェクト]
伝統的な刺繍の概念を覆す生命力あふれる「工房しょうぶ」の縫=n u i_p r o j e c t の多様な作品の数々をご紹介します。

2009. 2. 28[土]
    ~5. 24[日]


森へおいでよ。 第1回なかがわまちアートフォレスタから
昨年夏の美術館初の公募による入選作品展「第1回なかがわまちアートフォレスタ」から、とくに多彩な数々の作品を輝かせていた4グループをこの春ご紹介します。

2008. 9. 20[土]
    ~11. 30[日]


クレアムふたたびー大地の歌を描く人々
昨年夏の「ベルギー、クレアムの画家たち」に引き続いて、クレアムの芸術世界を紹介いたします。12人の作家の多彩に拡がる表現をお楽しみください。

2008. 6. 7[土]
    ~ 9. 7[日]

西から来た妖精たちII
2002年の「西から来た妖精たち」展に引き続き、関西で活発な活動を行っているグループを紹介します。今回は、たんぽぽの家とやまなみ工房の17人の作家にスポットをあてます。

2008. 2. 23[土]
    ~ 5. 25[日]

春爛漫ー今村花子 川村紀子 清野実菜 竹村幸恵
制作のアプローチも制作方法もそれぞれに、4人の女性作家の華やかで鮮やかな表現の世界。

2007. 10. 6[土]
    ~12. 16[日]
        
2人から始まるーアートリンク・プロジェクト
知的な障害を持つ人とアーティストがペアになり、半年間互いの感性や創造性を刺激し合い関係性を構築していく「アートリンク・プロジェクト」。
10組の出会いの軌跡を多彩な表現を通してご紹介します。

2007. 6. 23[土]
    ~9. 24[日]

大地の歌を描く人々ーベルギー、クレアムの画家たち
障害者の創造活動支援を先進的に行ってきたベルギー・クレアムの芸術世界を日本において初めて本格的に紹介するものです。その活動の芸術性は多方面から高く評価されています。所属作家9名の絵画作品を展示いたします。
クレアムでの紹介ページへ>>>
     
2007. 2. 24[土]
    ~6. 10[日]
        
花々と鳥々と・展
6人の作家による独創性あふれる花と鳥の作品を展示。
(展示期間が延長になりました!)

2006. 9. 16[土]
   ~12. 10[日]
        
見える街、見えない街・展
"それぞれの街や風景"を独自の感性と手法で描く4人の作家を紹介。
2006. 6. 3[土]
    ~9. 3[日]
        
「たどる・きる・ねる」展
3人の作家の表現方法にスポットを当て、独自の世界を紹介します。
本展は、水戸芸術館「ライフ」展 (7.22―10.9)と連携しています。
立体作品を展示中の佐々木卓也さんの平面作品の展示、触れる作品を展示中の
光島貴之さんのワークショップなどが、水戸芸術館で行われます.

2006. 3. 4[土]
   ~ 5. 21[日]
        
My own story―記憶の物語・展
記憶から自分だけの物語世界を表現する2人の作品。
       
2005. 9. 17[土]
   ~ 12. 4[日]
魔術師の絵具箱―さきたまの画家たち・展
埼玉から、6人の画家たちによる響き合う色彩の競演。
    
2005. 6. 4[土]
   ~ 9. 4[日]
福岡からいっぱい元気・展
九州はおもに福岡から、多彩に活動する4グループの作品展示。

2005. 2.19[土]
   ~ 5.22[日]
両毛からコラボレート!―絵の具とポケットいっぱいの空・展
両毛地域で活躍する4人[組]のアーティストたち。

2004. 9.18[土]
   ~12. 5[日]
アトリエ・アウトス その内なる世界・展
イマジネイティブな、絵画作品と陶作品。
 
2004. 6. 5[土]
   ~ 9. 5[日]
こころの万華鏡―癒しとしての自己表現―展
デリケートな魂の動きを表現する、多彩な平面作品。
 
2004. 2. 21[土]
   ~ 5. 23[日]
コラボレートする!~ 伊賀高史と工房 絵・展
もうひとつの美術館とコラボレートしたパッケージ原画を中心に。 

2013. 2. 23[土] オープニング・イベント
認定&受賞記念オープニング・パーティ
場所:もうひとつの美術館 カフェ&ギャラリー
時間:11:30より
会費:3,000円
 
和太鼓による創作「田楽舞」
出展作家の1グループである、自然生クラブメンバーたちの和太鼓による創作「田楽舞」を行います。
場所:もうひとつの美術館 元校庭
時間:13:00より
料金:無料

2013. 1.19[土]
昨年度制作しました「もうひとつの美術館十周年記念集」が、第9回武蔵野美術大学建築学科・芦原義信賞を受賞しました!
》》外部リンク

2013. 1. 8[火]
NPO法人もうひとつの美術館は、同日付けて、認定NPO法人に認定されました!

2012. 8. 25[土]
スペシャルトーク2「東北を繋ぐ みちのくを継ぐ」
 
中村 政人(美術家、東京藝術大学准教授、アーツ千代田3331総括ディレクター)
 山本 和弘(栃木県立美術館 学芸員)
 コーディネーター:梶原 良成(建築家、宇都宮大学教授)

2012. 8. 4[土]
スペシャルトーク1「東北を繋ぐ みちのくの再生」
 岡部 兼芳(福島 unico 支援員)
 村井 資(岩手 るんびにい美術館 支援員)
 佐藤 敬子(山形 アトリエくるみ 代表)
 佐藤 裕子(秋田 逢い 副理事)
 藤原 清史(岩手 盛岡杉生園 主任生活支援員)    
 コーディネーター:梶原 紀子(もうひとつの美術館 館長)

作家と一緒にワークショップ Part1、Part2
 
講師 : Part1=佐藤 敬子(絵) Part2= 沢村 澄子(書)
 参加作家:齋藤 真弘、斎藤 努、堀 剛教、八重樫 季良、高橋 和彦、土屋 康一、
     三瓶 沙弥香、星 清美、 松浦 繁、高橋 健一、寒河江 茂(予定)

2012. 5. 26[土]

妻木律子ダンスワークショップ 13:30 - 15:30
2011. 11. 12[日]

妻木律子ダンスワークショップ 13:30 - 15:30
2011. 11. 6[日]


「長 重之パフォーマンス+トーク」
西澤 彰 作品に影響を与えた長 重之[美術家]のパフォーマンスとトーク
2011. 8. 10[水]
    ~8. 28[日]

開館10周年記念「なかがわまちアートフォレスタ2011」
障がいをもつ個性的なアーティストが創った全国公募入選作品と栃木県ゆかりの現代アート作家の作品が那珂川町のあちこちに展示されます。

2011. 8. 6[土]

開館10周年記念 サマーフォーラム2011スペシャルトーク
講師:齋藤 環(精神科医/文筆家)
   服部 正(兵庫県立美術館学芸員)
司会:梶原良成(建築家/宇都宮大学教授)

2011. 3. 10[木]
    ~ 5. 20[金]

「みんなで陶ワークショップ」作品展
もうひとつの美術館ギャラリー&カフェ「M+Cafe」
2010. 11. 27[土]

妻木律子ダンスワークショップ 13:30 - 15:30

2010. 9. 25[土]

「木村義満ミニコンサート 」14:00 - 15:15
「サックスが歌うバッハ無伴奏チェロ組曲2番、3番」
1,500円(コンサート+入館料)

2010. 8. 21[土]

妻木律子ダンスワークショップ 13:30 - 15:30

2010. 8. 1[日] サマーフォーラム2010 スペシャルイベント
10:00 - 12:00 スペシャルワークショップ
       「パッチワークdeワークショップ」(定員30名、要予約)
13:00 - 15:30 スペシャルトーク
       「障害者と社会とをアートで結ぶ」(定員70名、先着順)

2010. 5. 2[日]


絵画ワークショップ 13:30 - 15:30
入館料+1,000 円(受講料)/ 場所:ワークショップ室
講師: サイモン順子(アトリエ・ポレポレ ファシリテーター)

2010. 3. 21[日]


妻木律子ダンスワークショップ 13:30 - 15:30
入館料+1,000 円(受講料)/ 場所:ワークショップ室
講師: 妻木律子(
南宇都宮のスタジオbe-offを拠点に、国際的に活躍するダンサー

2009. 11. 8[日] 「版画で自分への絵手紙をつくろう」13:30 - 15:30 
入館料+1,000 円(受講料・材料費)/ 場所:ワークショップ室
講師: 石塚佐和子(銅版画家、当美術館スタッフ)

2009. 10. 25[日] 「紙粘土であなたのナナを作ろう」13:30 - 15:30
入館料+1,000 円(受講料・材料費)/ 場所:ワークショップ室
案内人:梶原紀子(当美術館 館長)

2009. 10. 17[土] ドキュメンタリー映画「わたしのニキ」上映会
18:30 開場/19:00-20:30 / 前売り券(1ドリンク付き)/ 大人1,300 円/ 高校生以下500 円(当日は200 円増)/ 場所:当館ギャラリー&カフェ/

2009. 10. 4[日] 「木村義満ミニコンサート 」14:00 - 15:15
「 サックスが歌うバッハ無伴奏チェロ組曲」1,500円(コンサート+入館料)

2009. 9. 27[日] 「タロットガーデン スライド&トーク」13:30 - 14:30
コメンテーター:黒岩有希(ニキ美術館準備室 代表) 
場所:ギャラリー&カフェ/ 1,000 円(展示入館料を含んでいます。)

2009. 8. 9[日] サマーフォーラム2009 ワークショップ&ファッションショー
10:00-12:00 ワークショップ「nui workshop am」定員30 名
13:00-15:00 ワークショップ「nui workshop pm」定員30 名
15:00-15:45 福森 伸「休みながらの交流会」
       (ワークショップ作品発表、自己紹介等)
16:00-17:00 ファッションショー「nui fashion show with otto 」
19:00- 懇親会 
参加費用は、5,000 円(8/7 までに要申込)
*ワークショップ参加費用は、入館料+材料費500 円
*ファッションショーなど参加費用は、入館料のみ必要です

2009. 8. 8[土] サマーフォーラム2009 前夜祭(20 時まで開館)
18:00より、参加は入館料のみ必要です。
福森 隆with otto「自然からの音楽」
福森 隆:バイオリニスト
otto:工房しょうぶの打楽器演奏音楽パフォーマンス

2009. 6.17[水] トーク&ライブ  14:00-16:00、18:00-20:00
「 ケニアの子供達」スライドトーク&アフリカ打楽器演奏+歌のライブ
出演:近藤ヒロミ(音楽家)、大西匡哉(打楽器演奏家)、早川千晶(ライター)
ワンドリンク付 各1,500 円(入館料別)

2009. 6. 6[土] オープニングトーク
福森順子[創作刺繍グループ リーダー]+梶原紀子[当館館長]
時間:10:30~11:30

2008. 9. 20[土]


オープニングコンサート
木村義満ミニコンサート「サックスが歌うバッハ無伴奏チェロ組曲」
14:00より 1,500円(展示入館料を含みます。)

2008. 8. 8[金]
   ~ 8. 30[土]
第1回なかがわまちアートフォレスタ2008
那珂川町を舞台に[なかがわまちアートフォレスタ2008]を開催!!
里山のまちのあちこちに公募入選作品を展示します。

2008. 4. 25[金]
   ~ 5. 25[日]
    (応募期間)
なかがわまちアートフォレスタ2008 全国公募展 作品募集!!
もうひとつの美術館では、この夏開催する[なかがわまちアートフォレスタ2008]に展示参加する作品を、全国に公募をいたします。
詳しくは、こちら>>>

2008. 4. 26[土]

ドキュメンタリー映画
「まひるのほし」(監督:佐藤真)上映の夕べ
時間:15:00, 19:00スタート(開場30分前)
場所:小口集会所、ゆけむり広場(もうひとつの美術館隣接)
出展作家、川村紀子さんと竹村幸恵さんが出演しています。

2007. 10. 6[土]

スペシャルトーク「アートリンク・プロジェクトから見えたこと」
 
13:30-15:00
 田野智子(ハート・アート・おかやま代表)、真部剛一(アーティスト)ほか
ビーン&ゆうじの即興ライブ「山と風とわたし2007~音の小包~」
 
15:30-15:50

2007. 8. 18[土]
     8. 19[日]
サマーフォーラム2007 スペシャル・イベント
8月18日(土):色&陶+パフォーマンス ワークショップ
 ベルギーから来た作家たちと一緒にアート三昧 Part1
 色:鈴木正一 10:30-12:00 1600円
 陶:出町光識 13:30-15:00 1600円
8月19日(日): ダンス+パフォーマンスワークショップ+スペシャルトーク
 ベルギーから来た作家たちと一緒にアート三昧 Part2
 ダンス:妻木律子 10:30-12:00 1600円
 パフォーマンス:クレアムの作家 13:30-14:30 1600円
 スペシャルトーク:クレアムのスタッフ 15:00-16:30 

2006. 8. 4[金]
   ~ 8. 5[土]
"もうひとつの美術館"開館5周年記念イベント
「夜の美術館」:
8月4日、5日と夜8時まで開館します。ライトアップされた美術館の館内・屋外の、夜の作品たちをご覧ください。
8月4日(金):「夜の美術館」開催 「開館5周年記念日」につき、終日入場無料。
8月5日(土): 16:00~  
光島貴之+ミュージアム・アクセス・ビュー「言葉による美術鑑賞&ギャラリートーク」参加・問合は電話・FAXにて  なお、夕方より、光島貴之さんを囲んで、ささやかなパーティーを開きます。

開館5周年記念特別企画
NHKハート・ラボ「音と形の不思議な出会い~触って、聴いて、音で遊ぶ」

主催:もうひとつの美術館、NHK宇都宮放送局、NHK厚生文化事業団
場所:もうひとつの美術館ギャラリー&カフェ
8月5日(土):
□10:30~12:30 
「光島貴之+ロビン・ロイドと一緒にワークショップ」参加・問合は電話・FAXにて
□13:30~15:30 
「光島貴之+ロビン・ロイドと一緒にコラボレーション」観覧自由
イベントチラシ・参加申込書ダウンロード(PDF)

       
2005. 10.7[金]
   ~ 11.6[日]
"もうひとつの美術館"の足跡 at YOKOHAMA
横浜トリエンナーレ応援企画として行われる「スーパーピュア展」に参加します!
2001年開館から現在までの美術館の展示活動をダイジェストでご紹介します.
場所:旧大蔵省関東財務局1階
  (横浜市中区日本大通り34番地、みなとみらい線日本大通り駅徒歩5分)
昭和初頭に建てられた渡辺節設計の歴史的建造物です。国内最大規模の国際美術展・横浜トリエンナーレとあわせて、ぜひご覧ください.
       
       
2005. 8.21[日]

いろんな形と色のオブジェ工作
作家といっしょにオリジナルオブジェをつくろう!
できあがったオブジェはお持ち帰りいただけます。
作家:今村雅啓 太田宏介
講師:鈴木正一
時間:10:30~15:30
参加費:1000円(材料費込み。当日の展示入場券が別に必要です。)                       
   
2005. 3.10[木]
   ~ 3.13[日]
TADASHI KAWAMATA workshop
川俣正とビデオをつくろう!
atもうひとつの美術館
世界的な美術家・川俣正さんを講師として、東京芸術大学学生とみなさん参加者が
協働で馬頭町内をロケ地にビデオを制作、出演、撮影し、最後に発表をします。

参加費無料                  
  
2005. 2.19[土] オープニングアートパフォーマンス+トーク
リュウがエネルギッシュなパフォーマンスとおしゃべりをします。
時間:13:30~15:30
参加費無料(当日の入場料が必要です)
 
2004.11.28
スペシャルトーク「里山、もうひとつのアート、絵本」
絵本作家田島征三さん&いわむらかずおさんをお招きして、里山とアート・絵本をテーマに楽しいトーク。
コーディネーター:梶原良成(建築家、デザイナー、宇都宮大学助教授)
会場:馬頭町総合福祉センター 
時間:13:00~16:00(開場12:30) 入場無料

2004.8.22
オリジナル万華鏡工作
作った万華鏡は当日お持ち帰りいただけます。

2004.8.8
スペシャルトーク
作家&安彦講平&精神科医によるトーク



・冬期は休館いたします。詳しくはお問い合わせください。
   
・もうひとつの美術館は、情報交流拠点「まちの駅」(駅名「アートの駅」)です。
 
・定期的にどなたでも参加いただける、色(絵画)、音(音楽)、陶、ダンス、ヨガなどのワークショップを行っています。お気軽にご参加ください。→詳しくはこちら
 
・学校(小、中、高)などとの連携事業として、「出前美術館」を行います。これは収蔵作品をもって出向き、講話やワークショップを行うというものです。詳しくは、お問い合わせください。
   

  
  
開館時間:10:00〜17:00(ご入館は16:30まで)
休館:毎週月曜日(休日開館)、冬期、展示替時
栃木県那須郡那珂川町小口1181-2
Tel&Fax:0287-92-8088